みかんせいじんにゃおぷのかなり個人的Blog
好き放題つぶやき続けます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 神戸のインテリアショップ。すっごく感覚がスキ。 | main | 全力を尽くして生きる責任を感じられる人はどれだけいるのだろう。 >>
「一発完治」神の手をもつ脳外科医 福島孝徳氏の姿勢
何気なくつけていたテレビ番組でつい先日も別の番組で見た医師の診察・手術のドキュメントが流れていた。

思わず、レギュラー番組?と思うほど続けて見かけたし、専門分野もある部分ここのところ興味を持って読んでいる脳のなかの幽霊
の著者V.S.ラマチャンドラン博士と何か相通じるものを感じて腰をすえて番組を見た。

福島孝徳医師は一見失礼だが職人のような印象の方でそれでいて歯に衣着せぬ原動力と行動力を持った、保守的な日本人には嫌われそうな人だ。

だが、脳の内面の考察を前述の本
で読むほどに、福島医師のような技術を持ったドクターが必要なのだということを感じさせる。

彼は明治神宮(?)の中で幼年期暮らしていたらしい。それに関係あるのか、手術室は神聖な場所として白足袋を履いてオペに挑む。手術中の発言は家庭医が患者を診ながら話すような調子でそのギャップがオペをしているという感覚をテレビでは感じさせないぐらいだ。けれど最高に難易度の高い手術をしている。

脳の中の腫瘍は腫瘍そのものもさることながら神経などを巻き込んだり、身体機能を麻痺させるような圧迫を脳に与えて患者の正常な日常生活を奪う。
それを彼は一度の手術で全て取り去る。それを心情とするからシンプルに患者とも信頼関係を結べるのではないだろうか。「これ難しいよ。でも何とかやるからさ。」そんな軽い台詞も、患者本人にはどんなに安心感を与えているのだろう。

彼のエネルギーは日本の形式にはまらなくて、結局米国デューク大学で活躍されている。
私にはそれは日本(人)の技術の流出と感じてしまう。彼は向こうの大学で手術の技術向上、人材育成を行っている。それを学びたい日本人医師は、日本に彼が来たときにオペを見学するか、デューク大学へ行くか選択しなければならない。もったいない。日本の医療に携わる人達はどんな方向に行きたいのだろう。

彼が言うように助けを求める人の為に尽くすというシンプルなことが受け入れられないのだろうか。

医療だけでなく、日本は歴史的文化的影響が大きいいとはいえ、出る杭は打つ。そして杭は出て行ける場所へ流れてしまうのだ。工業技術も、医療技術も。
悲しい。悲しいことだ。けれど、他国にいても日本人の心を持ってエネルギッシュに活躍してくれる福島医師のような人がいることは嬉しいし、誇りに思える。
スポンサーサイト
私の主人は動脈瘤乖離の後遺症で下半身麻痺デ排尿排便もわかりません 医師からわは脊髄神経に血オ送る血官がとぎれているからといわれました
もう治すことは出きないのでしょうか どうしても私はあきらめきれません
治療法教えてください





たま | 2008/01/14 12:36 PM
i like this site
buy cheap levitra | 2006/03/23 1:19 AM
i like this site
information on carisoprodol | 2006/03/21 3:37 PM
yoo hop great
clonazepam medicine | 2006/03/20 1:14 AM
i love u
read this
yooooy
buy continue.to link phentermine | 2006/03/15 6:33 AM
私の妹が脳の中に動脈瘤の瘤が2個出来ていて何時破裂するかもわからない状態でいま血圧が上がらない用にする薬を飲んでいます。心配なので福島先生のtei又はfax又アドレス又住所等分かりましたら教えて下さい。出来るだけ早く教えて下さい。お願いします。
平田 | 2006/03/14 9:51 PM
kurosuさん

コメントありがとうございます。
お祖母様の体調、大変ご心配な様子が伝わってきます。
ですが、ここは福島先生と繋がる場所でない事をご了承ください。

また、福島先生は脳外科のスペシャリストでらっしゃいますので、症状によっては日本にいらっしゃる先生にご対応戴く方が迅速な場合もあります。(福島先生は1年に数週間しか日本にいらっしゃれない状況のようです)

たしかに身近な先生の対応に怒りを感じることはあるかもしれませんが、こればかりは良い先生に出会えるチャンスを作るしかありません。
お祖母様の体力も考えると、多くの病院を連れ回すわけにも行かないかと思いますが、
相談できる医師に症状を話して良い先生を紹介していただくのも方法かと思います。

自分も医師ではありませんし、軽率なことは言えませんが、身近な病院から良い先生、或いは福島先生に行きつく可能性もありますので、諦めずにお祖母様を元気付けてあげてください。
にゃおぷ | 2005/12/12 9:13 PM
こんにちゎ。福島先生のウワサを聞き是非相談を聞いてほしいと思いました!!お願いします・・・!!
今私の祖母が原因不明の病で苦しんでいるんです・・・><
悪性リンパでゎないかという話もでてぃますがどんな先生に診て貰って検査しても原因がわからなぃんです。肺に水がたまり1週間に約5リットルゎぬいている状態で足と手はカエルのように腫れ、呼吸するのが日に日に辛い状態です。マッタク歩けなくなり、トイレも一人ではできなくなりました。ぁまり食欲ゎありません。どんどん痩せてしまい、前に見ていただいていた医師も「こんなに激痩せするとゎ思わなかった・・・」と絶句。その一言で片付けられたイカリもぁりますが、本当にどぉーして良いのかわかりません・・・><福島先生に助けていただきたい!!!!お願いします!!!返事ォマチシテイマス・・・。
kurosu | 2005/12/11 4:33 PM
たきこさん

下記の本に連絡先が載っていると聞いています。図書館などで借りる事も出来るようなので、ぜひ探してみてください。

書名 : ラストホープ福島孝徳
副書名 : 「神の手」と呼ばれる世界TOPの脳外科医
著者名 : 徳間書店取材班/編
出版者 : 徳間書店
にゃおぷ | 2005/11/28 9:31 PM
母が病気です。
今すぐ福島先生に連絡を取りたいのですが
ファックス番号、電話番号、住所、知ってらっしゃるかぎり教えてください。
たきこ | 2005/11/28 7:14 PM
看護士をしています(パート)ですが。福島先生のテレビを見て感動しました!私も福島先生のオペをそばで拝見してみたい!すばらしいお人柄にも感動しました。これからもご活躍お祈りしてます!
えくぼ | 2005/10/22 11:56 AM
森輝之さん、コメントありがとうございます。
まだ12歳、あこがれが福島先生なら、ぜひお医者さんになって福島先生のようなスーパードクターになって、たくさんの患者さんを救ってあげてください!スタートが早ければきっと夢がかなう可能性も大きいと思います。
がんばって!!
にゃおぷ | 2005/10/17 10:06 PM
僕は今12才です。
最初は手塚治虫にあこがれていました。
しかしTBSの世界のスーパードクターで福島先生を見たとき僕のあこがれは福島孝徳先生にかわりました。





森輝之 | 2005/10/17 3:44 PM
はじめまして。父親は神経膠芽腫です。もう完治は無理なのですか?
ココナ | 2005/09/30 5:36 PM
以前も日本に素晴らしい脳外科の医師の居る事をテレビで知り感銘していました。又最近テレビでその方が福島孝徳先生と言う事が解り、世界中を飛び廻ってご活躍をされている事を再確認しました。私は過って医療に従事していた者ですが、病める者には何時までもご活躍をして頂きたいと心から思います。どうぞお身体にはご注意されて何時までも、何時までもお元気でご活躍をされます様に「神」にお祈りをしています。
久末百合子 | 2005/09/28 3:18 PM
奈美さん、参考までに先日私も再度福島先生の記事を書きましたが、本のことにも触れています。よろしかったら。
この記事の書き込みの中でコミュニケーションがあるのはとても嬉しいですね。
にゃおぷ | 2005/09/27 9:42 PM
どうも、ありがとうございます。是非、近日中に探して読みたいと思います。何か今まで諦めてきたのに、少しだけ、希望の光が見えてうれしくて、涙が出ました。本当に、ありがとうございました。諦めないで、頑張ります。
奈美 | 2005/09/26 8:00 PM
奈美さんへ。少しでもお役に立てればと思い、メールしました。福島先生が紹介されている本で”ラストホープ”という本が出版されています。内容的にもすばらしく、ほんの最後に福島先生の連絡先がかかれています。1度、福島先生に相談してはどうでしょうか。
medico | 2005/09/25 5:26 PM
奈美さん、コメントありがとうございます。
私は専門家ではないので、残念ながらあなたの症状を改善する方法があるかどうかは判断できません。
けれど、福島先生が書かれている本があります。その本を読んでみてはどうでしょうか?
パソコンの前に座り込む行動が出来たのですから、出来る事を探す方法はいろいろありますし、動いてみるべきです。
ご不自由でしょうから、無理は禁物ですが、
是非希望を持ってください。
ちなみに先生の本のタイトルは「ラストホープ」なんですよ。
と言いつつ私も読んでいません。偉そうな事はいえませんね。
にゃおぷ | 2005/09/24 9:22 PM
はじめまして、23日のスーパードクターのテレビを見ていたたまれなくなりパソコンの前に座り込みました。私は、23歳の時「脳血栓」になり、視床下部と言うところが詰まって手術もできず、血管造営?も親がさせきれなかったとの事で、今は、33歳で、家族もありますが、左半身麻痺が残り障害2級です。昨夜のテレビを見て福島医師なら、私も希望が少しでも持てるんじゃないかと思いせめて、茶碗を持って食事ができないかと夢のようなとをおもいながら、あきらめきれずコメントをさせて、いただいました。
麻痺を治すのは、今まで見てもらった色んな医師の言うとおり、諦めた方が良いのでしょうか?
奈美 | 2005/09/24 7:12 PM
Su-さん、コメントありがとうございます。
今夜もスーパードクターとして福島先生が紹介されていたようですね。

福島先生のオペ数は尋常ではありません。そしてその1例1例にかかる時間を考えれば、人を育てる時間が足りないとご本人も思われていることでしょう。けれど患者は先生を求め、それぞれに時間がない。もうこれはジレンマですね。

その人間学的な部分を別のDRが育てることは出来ないのか?と考えさせられます。
福島医師も異端児と呼ばれ、渡米して初めて認められ、現在の活躍に至ることを考えれば、やはり日本の医師や病院の意識やシステムが福島先生のような方を受け入れられる万全な体制ではないのではないかと思い知らされます。

もちろんその枠の中で人間性から心から信頼できる医師もいないわけではないと思います。テレビに露出している人だけが全てではないですから。
今現在大変な思いで病気と戦う方たちに心から信頼できる医師が見つかる事を祈っています。人間的にという意味も含めて。

にゃおぷ | 2005/09/23 11:22 PM
福島先生の神の手といわれる技術は素晴らしいと思います。私自身、10数年前、難しいといわれていた脳外科のオペを受けDRに命を預けた患者です。お陰様で手術は成功し、現在も後遺症は残りましたが、不自由な身体でも助けていただいた命でやれることをみつけ使命感をもってやっているところです。
ただ、最近どんなに技術が素晴らしく名医といわれるDRに特に感じられるのが命を預けている患者の気持ちをわかってくれない医者が多いように思います。福島先生は自分の持つ技術を若手医師に伝授し育成にも力を注がれているといわれていましたが、ぜひ併せて、先生のもっとうである患者さんの立場で患者さんの事を考えるという視点、人間学もぜひ教えてくださったら弱い立場の患者としてはこれ以上嬉しいことはありません。
Su- | 2005/09/23 11:05 PM
安西のぶ代さん、コメントありがとうございます。また福島先生他、世界の素晴らしい先生達がテレビで紹介されるようです。

けれど、自分に合う、素晴らしい先生はメディアで紹介された先生だけではありません。
身近で見つかるかもしれません。
安易な励ましはいけないと思いますが、自分自身の病気も、自分に合う先生を見つけるのは難しいので、見つかると信じて、そして病気を克服できると信じて一緒にがんばれたらと思います。

がんばり過ぎず、がんばりましょうね(笑)
にゃおぷ | 2005/09/19 10:57 PM
私は、今度頭の手術をする為に9/20に静岡てんかん医療センターへ検査入院をします。
でも、なかなか福島先生みたいな先生には出会えなかったので私自身も今は早く手術をやりたい気持ちです。
私は、小さい頃になった予防接種の注射で
右片麻痺になってみんなは、私みたいな病気
をしていないから、好きな事を行っても発作は出ないし車の免許も取れてうらやましいと思って居ましたでも私もこの手術をすれば自分が出来なかった事が出来るとドクターに言われました。
安西のぶ代 | 2005/09/18 4:21 PM
medicoさん、コメントありがとうございます。本日日中、世界のスーパードクターという番組の再放送をしていました。23日にまた新たに世界のスーパードクターを紹介する番組が放送されるようですね。もちろん福島医師も登場されるようです。

なんだかんだでドクターが執筆した書籍はまだ読んでいないのですが、何度みても「人のためになる仕事」を選んだ彼には頭が下がりますが、第二の「一発完治ドクター」をぜひ目指してください!
nyaopu | 2005/09/18 12:55 AM
福島先生には、本当に感動させられます。僕自身医学生であり、将来あのような医者になれるよう日々勉学に励んでいます。難易度の高い手術も成功させ、かつ患者さんに対する思いやりや情熱というものもなかなか見られないものだと思います。残念なのが、福島先生が今現在、日本にいないということです。日本での脳外科医の育成にも力をいれてほしいものです。いずれにせよ、先生のこれからのますますの活躍に期待します!
medico | 2005/09/15 7:37 PM
yoshikoさんyasuoさんコメントありがとうございます。確かにアメリカだからといって全ての地域や人が歓迎してくれることはありません。宗教の問題や偏見、それはアメリカ自体が他民族を受け入れ共存しているからという事もあります。歓迎されないのは日本人だけではないのもアメリカの実情の一面です。

だからこそ、福島氏の実力と信念を受け入れる気持ちがアメリカの医学界にある、ということなのかもしれません。外国人というだけでまだまだ日本人は比較的受け入れにくい性質がありませんか?

やはり私の本当の希望は福島氏が日本で人材育成が出来る環境。それに尽きます。
にゃおぷ | 2005/03/06 6:32 PM
テレビ見ました。アメリカでもすべてが日本人を歓迎ということではないので受け入れてくれる大学があったというのが一番ですね。お体に気をつけて長生きしてほしいです。人材育成が大切です。
yasuo | 2005/03/06 6:17 PM
テレビで拝見してとても感動致しました。難関手術を眉間に皺を寄せていかにもとやるでなく、ごく普通の会話をする様に全て完璧にやり遂げる。その集中力、判断力、素晴らしいの一語に尽きます。日本という国は、出る杭は打つでは、永遠に良い人材は無理ですね。医療会に限らず全ての企業もそうですから。身近にこの様な立派な先生がいらしてくれたら、患者達は、どんなに心強い事でしょう。患者は弱い立場、例えその先生がダメな先生でも、命を預けるしかないのですから。
yosiko | 2005/03/03 9:56 AM
COMMENT









Trackback URL
http://nyaopu.jugem.jp/trackback/162
TRACKBACK
福島孝徳福島 孝徳(ふくしま たかのり、1942年 - )は、東京都出身の脳神経外科医師|医。鍵穴手術の考案者にして、脳腫瘍外科手術の権威。東京大学医学部卒業。カロライナ脳神経研究所・米国デューク大学・バージニア大学教授。カロリンスカ研究所・
福島孝徳 | みちこの部屋 | 2007/09/28 4:22 AM
福島孝徳福島 孝徳(ふくしま たかのり、1942年 - )は、東京都出身の脳神経外科医師|医。鍵穴手術の考案者にして、脳腫瘍外科手術の権威。東京大学医学部卒業。カロライナ脳神経研究所・米国デューク大学・バージニア大学教授。カロリンスカ研究所・
福島孝徳 | ななの記録 | 2007/06/27 3:34 AM
頭蓋内になんらかの原因で発生するあらゆる新生物(がんのようなもの)と、そのほかの...
脳腫瘍の原因と症状 | 家庭の医学の大辞典 | 2007/06/15 10:13 PM
脳内 出血のため入院し、その後自宅療養していた吉本興業の漫才師、宮川大助・花子の大助さん(56)が24日、なんばグランド花月(大阪市)の舞台で復帰しました。高血圧性脳内 出血は、高血圧症および動脈硬化が起こる50〜70歳代に多いとそうです。近年、高血圧症の
脳内 出血 宮川 大助 さん 復活〜☆脳内 出血 脳出血 動脈硬化 高血圧症 ご注意を! | ケンコウ 生活 で 悩み 解決 ☆ ケンコウ 生活 で 健康家族 | 2007/05/25 8:07 AM
片麻痺を回復させることで、一人で悩むのは、 もう辞めませんか?リハビリテーションにも通っている。 色々な整体、マッサージにも行った。でも、回復出来ない・・・・ 感覚さえ戻らない・・・・なぜなら誰も本当の回復させる方法を知らないからです・・・ そしてそ
片麻痺の治しかた&リハビリテーション | 片麻痺の治しかた | 2007/04/26 1:34 AM
TB失礼します。半身麻痺でお悩みの方へ。脳卒中、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの脳血管障害等で倒れ、手術後、後遺症である麻痺でお悩みの方に朗報です。程度にもよりますが、この方法を実行することにより、驚くほど回復された方がいらっしゃいます。内容を確認し
右下半身麻痺が驚く程回復した方法 | お役立ち生活情報 | 2007/03/12 2:44 AM
 TBSで、一昨日水曜日に放送された番組だ。 このシリーズは、何度か見たことがあ
「これが世界のスーパードクター5」について | Vosh の徒然草 | 2006/10/24 4:03 PM
ラストホープ 福島孝徳 「神の手」と呼ばれる世界TOPの脳外科医posted with amazlet at 05.09.25福島 孝徳 徳間書店 (2004/03/20)売り上げランキング: 70おすすめ度の平均: 医者を目指す同志のみんなへ 現代の「ブラックジャック」!! いやいや奇遇ですね私もですAmaz
「ラストホープ」神の手を持っていないからこそ、手術の時に祈るんです | 本のソムリエ提供!【今日の名言】 | 2005/11/21 7:40 PM
何気なくみていたTVでやっていたドキュメンタリー番組 そこには病気との壮絶な戦いをしてる患者に、手術を施している医師が映し出されていた 脳腫瘍を取り除く手術 それも脳底にあったり神経などが複雑に絡まりあっている部分の 腫瘍を全摘するのだ すごい すば
☆感動!福島医師☆ | のん兵衛 月子の日記 | 2005/09/20 4:24 PM
ふと思い立って電話機を買った。FAX付のものを使っていたのだがFAX使わないなぁ...
Motorolaの電話機 | mono->log*netjinsei | 2005/03/19 5:28 PM