みかんせいじんにゃおぷのかなり個人的Blog
好き放題つぶやき続けます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

マイナンバー
急に「マイナンバー」の法案が話題らしい。

国民背番号制度、という言い方、そして制度の論点(所得把握や医療情報、個人情報)、
なんか学者さんの説や報道だととっても嫌な制度のように聞こえるけど、
実際どうだと思いますか?


把握されたらやりにくくなることも多くなるけど、
プライバシーやセキュリティの不安視・・・アメリカの社会問題なんかを挙げてなりすましがありうる、なんて恐ろしがらせていますが、
助かる部分もあるんだと思いますが。


これを言うのは近所にもあって以前その事実を知って驚いた空き家や廃墟の存在。
整備されていなくて近隣から役所に連絡が入っても、所有者に連絡が取れない。もしくは既に亡くなっていて手段がない、みたいなことが多くあるんだそうです。


住む場所に困っている人がいる一方で高齢者が増えて孤独に生活する人、
相続の手続きがきちんと取れない人が増える中で住まいが空洞になって廃墟になって危険な場所になったりする・・・

どうにかなんないのかな?
そういう時こそ国や地方自治体に上手く機能して欲しいのに。
そんな話題だった。


確かにやる順番が違う、とも思う。

けど、最近、制度に関してはアレルギー体質になってきてるし、しようとしている人が多いように思う。



情報を選ぶのは自分。
自分なりに知ってまとめて自分の結論を出していきたい。
法案が出るということは、要求している人がいることだから。


完全解説 共通番号制度 マイナンバー法の真実、プライバシー保護は大丈夫か?
完全解説 共通番号制度 マイナンバー法の真実、プライバシー保護は大丈夫か?

どうなる? どうする! 共通番号
どうなる? どうする! 共通番号


ノマド
 昨日夜中に「ニッポンのジレンマ」をなんとなく見てしまいました。

いい事話しているんだけど難しく聞こえる言葉を使うので脳内通訳が必要。


話の中で「ノマド」という単語が出た。

全くわからないけど、昔から自分がやってるような役割をする人のことらしい。
社内ノマドの話は今新しい話、という気がしなかった。5年以上も前にそのままやってたし。


ふーん、ノマドをキーワードに興味のある本探してみようか。



ドナルド・キーン
ドナルド・キーンさんが、先日震災から1年を前に日本人になったとか。
 
漢字名、なんか怖い感じなのは私だけでしょうか。
 
学生時代から書籍を通してお世話になっていた日本を愛する外国人(今は日本人ですけれど)
 
 
外国の人のほうが深く日本を知り、そして愛している感じがするのは学びがあるから。
できることなら子どもにその学びを直接口伝できる大人になりたいものです。
 
日本のいいものをたくさん見て、感じて、そして学ぶ環境ができていく国になってほしい。
そうしたら心はついていくと思います。







夜泣き対策&解消法の決定版!!夜泣き専門保育士が伝える『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』1〜5歳版
震災から1年に思う。
「Private Nyaopu」ってタイトルは映画の「プライベート・ライアン」をモジッたんですが、
多少第二次世界大戦を始めとした戦争に対して理解出来ない気持ちと知りたい気持ちが強かった時期、というのもあったかも。

今日は震災から1年ということで様々な特別報道番組が行われてましたね。

その中で米の「トモダチ作戦」の話を幾つも映像で見たら、
活動の中で作戦達成の使命もありながら結局「人として」活動していたという話を聞いて
兵士の仕事は平和的活動なら悪くないと思いました。

正直国民全員に自衛隊的、海外の軍隊で行われている訓練の一部を避難訓練同様に受けられるようにしてくれないかな?とすら震災直後に思ったのを思い出します。

受けられる訓練、探してみるんだった。

<img src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/ad1/28940/20120311_2171811.jpg" alt="" width="480" height="640" class="pict" />

ちなみにプライベート・ライアンの「プライベート」はウィキって見たら
「"Private"は米陸軍において二等兵及び一等兵を表す」ということでプライベートなことを書くブログとは全く意味違いました(笑)
 

Private Nyaopuの記事を書き始めるとどうも真面目すぎな話で暗くなります。内容も、自分も。

これなんでかな?

クリックで救える命がある。
毎日自分のことで精一杯。
だからごめんなさい、そういって目をつぶってることは結構ある。
社会貢献も。
募金とか気にしたりできる時はするほうだけど
出すもの無いと伏し目がち。。。

最近はネットですらのんびり見る機会は少ないけど、
自分のクリックで代わりに募金してくれるプログラムがある。
もちろんプロモーションもあるわけだけど、
社会貢献の具体的な活動内容も理解できて募金に参加できるって
今の私には嬉しい。
少しの時間を割いて社会貢献。いま私に出来ること。

クリックで救える命がある。
http://www.dff.jp/


チャリティーという人のつながり

行列のできる法律相談所で「100枚の絵でつなぐ!カンボジア学校建設プロジェクト」というチャリティーオークションが行われている。
気になっていたのでさっきまで観ていました。

テレビテレビの影響って嫌だな、とか恐ろしいな、とか思うことが多い中、
テレビでチャリティーオークションはもっとやって欲しいかも。と思いました。

社会貢献って言葉は最近流行みたいにも聞こえてきたけど、
力になってあげたい相手の状況を理解する為の情報がわかると募金やチャリティーに参加する気持ちもより親身になれたり。
出品される方々の心、買う側の人達ももちろん出品者やその絵に惚れて購入されるんだろうけれど、カンボジアに出来る学校に間接的に出資することで
身近な家族や友達のことをもう一度考え直したり、お母さんに買った絵をプレゼントするなんんてことを思いついたりする。

その情報、演出なのかもしれない、なんて嫌なことを考えてしまう一瞬があっても、
そのテレビの影響でやさしい気持ちになる人が増えるなら、いいな。
テレビに関わる人がその影響力の使い手赤い旗ぴかぴかとして、中傷や殺人や自殺なんかする気にならない人が増えることをやってくれるのはすっごい楽しいかわいいし、カッコいいグッド

自分で作るものもそんな感じになるといいなぁ子供
学校裏サイト5割に誹謗中傷とのことです
ネット上で誹謗中傷するのは各々の意識の問題というか
大人が止めないのに子供が止めるわけないんですよ
問題だと思う人よりも
キモイウザイを個人特定されにくいことを利用して全世界へ発信してしまう人が
これはイケナイと思わない限り。

この話は大人はよくて子供はダメと言えないいい例ですよね。
誹謗中傷ってすればするほど実は自分にダメージを受ける行為だと
個人的には思ってます。いいことないというか。

学生へのアンケートでは裏サイトを閲覧した経験がある生徒は23%、
そのうち書き込んだことがある生徒14%。回答者全体の3%
そんなもんなんですよ。
でもそれでこの世の終わりと世の中を遮断せざるおえないこが居る。
書く子も受ける子も身近な「顔が見える」人とのコミュニケーションやストレスが
大きいのかもしれないな。