みかんせいじんにゃおぷのかなり個人的Blog
好き放題つぶやき続けます。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

新しい夢 美瑛
日本人として誇りに思うニュース。

日本人写真家Kent Shiraishiさんの作品【美瑛町の青い池】が
7月に発売されるRetinaディスプレイのMacBook Proに壁紙として搭載されることになったそうです。

本当におめでとうございます!

icon icon
(じゃらんnet オーベルジュ てふてふ 紹介ページより抜粋)


美瑛町は昔から行きたい場所、と言いながら未だにいけていない場所。
そしてAppleも昔からファン。iPhoneでRetinaディスプレイの素晴らしさも体感済み。


そんなことから新しい夢ができました。


それは・・・

MacBook Proを持って美瑛に行く。
Kent Shiraishiさんがお仕事なさっているオーベルジュに滞在して写真談義を少しだけさせてもらう。
そしてもちろん、自分が撮りたい美瑛の景色を撮影してくる。
家に帰ってまたその美瑛の景色達を楽しむ。 

そんな夢。


こんな具体的なイメージが浮かんでしまうほど、素晴らしいニュースでした。
Kent Shiraishiさんに感謝しています。


icon icon 



最後に・・・

オーベルジュにいきなり電話してきて名前も言わずに
あれこれ聞き漁ろうとする人がいるそうで。

予約の電話が入る番号に自分がちょっとだけならいいじゃないか、なんて感覚、残念です。
話したいなら方法を選ぶのが礼儀ではないでしょうか。



JUGEMテーマ:MacBook & MacBook Pro (iBook - apple) 
工作 再開
 久々に趣味する気になりました。
 


以前から欲しかった壁掛けできるグリーンに小さな額、鉄道模型用の情景人型。
 

外出先のたまプラーザで全て揃いました。
東急沿線恐るべし。
 


さて、どうなりますか。

新iPad おすすめ
 新iPadにオススメのAppsの中で、こんなのありました。

どんなお話、つくりましょうか。


iStopmotion for iPad (iTunes) icon



>>新iPad用 おすすめApp (iTunes) icon



icon iconby SEMPRE icon
ハリウッドと江戸職人ですな
ハリウッド作品に参加した俳優さんの話を聞きました。
ハリウッドの話なのに、なぜか江戸時代の職人の話に繋がりました。

文句の無い良い環境を与えられると、良い仕事をするしか無くなる。

かなり簡単にいうとモチベーションがあがる環境があっての仕事って話です。

邦画は結構好きなんです。作品によっては海外のものより。
けれど無駄と思われることに対価を支払うことはありますよね。

江戸時代といわず華美な装飾品を産む時代には糸目をつけないスポンサーがいます。
単なる贅沢が目的だったとしても、技術を守り、職人に誇りを持たせる。
もちろん彼等の生活を支えるわけです。そして次の仕事への意欲に繋がる。
ひいては素晴らしい仕事が後世に残りその関わりの外にある人の心を満たす。

心のエコ構造や〜(すいません悲しい
スイーニートッドでシザーなデップ
JUGEMテーマ:映画


ジョニー・デップの姿を初めて見た時、両手がハサミだったと思う。
シザーハンズ』でのこと。
でも彼がジョニー・デップだと理解したのはかなり後だった。
シザーハンズはシザーハンズだった。

今月公開される『スイーニートッド フリート街の悪魔の理髪師』の予告。
「面白そう!」という感情と一緒に記憶にある色味やキーワードや感触があった…なんだろこれ?

きっとお話は全く違うけれど、『シザーハンズ』を思い出すキーワードが多い!
それなのに「似てるなら観たいと思わない」なんて思わない。
むしろ「面白いに違いない!」と思う。
ティム・バートンのアニメーションキャラクターは独特の顔立ちをしているけれど
私にとっては『シザーハンズ』の頃から感じていたカラー。
私のセンスにきっと影響を与えたカラー。

なんとか時間をつくって劇場で観たいものです。




スイーニートッドでシザーなデップ
JUGEMテーマ:映画


ジョニー・デップの姿を初めて見た時、両手がハサミだったと思う。
『シザーハンズ』でのこと。
でも彼がジョニー・デップだと理解したのはかなり後だった。
シザーハンズはシザーハンズだった。

今月公開される『スイーニートッド フリート街の悪魔の理髪師』の予告。
「面白そう!」という感情と一緒に記憶にある色味やキーワードや感触があった…なんだろこれ?

きっとお話は全く違うけれど、『シザーハンズ』を思い出すキーワードが多い!
それなのに「似てるなら観たいと思わない」なんて思わない。
むしろ「面白いに違いない!」と思う。
ティム・バートンのアニメーションキャラクターは独特の顔立ちをしているけれど
私にとっては『シザーハンズ』の頃から感じていたカラー。
私のセンスにきっと影響を与えたカラー。

なんとか時間をつくって劇場で観たいものです。




生まれてこのかた描いてきたもの
JUGEMテーマ:趣味


JUGEMテーマ:アート・デザイン


くたくたになって電車でゆられていたら本当にきれいな夕焼けに遭遇した。
そんなはずはないとおもうけれど富士山のようなシルエットも見える。
きれいな色や景色を見ているうちに今まで絵や工作で表現したものを思い出していた。
うまれてからこれまでで覚えているものなんてそんなに多いとも思わなかったのに
次々と出てくるから不思議だ。

コウバにあった木っ端で段ボール箱の上に作ったジオラマ
幼稚園時代にクレヨンと釘でつくりだした絵
小学校時代演劇用の小道具で作った大量の段ボール製の金貨
ハマって何度も作ったスイーツオムレツ
真っ白いハンカチに刺しゅう
石けんに大量のピンを刺したソープフラワー
黄色いキルティングでつくったキャンディーの形のクッション
牡丹の花をモチーフにした鎌倉彫の小物入れ
思い出ある講堂の物語
鏡をはめ込んだ陰陽の顔を持つ男の絵

不思議と成人する前に作ったものばかり
リリアンとか折り紙の指輪とかペーパークラフトとか
もっと色々作ったはずだけれど
多分思い出したものは自分の中ではひとつに繋がっている
その先のきけいな景色とも繋がっている
そんなことを思い出す日は
次に作るものがきっと楽しいものに違いないとわくわくする
バタバタ忙しい日々が一段落就いたら
一番作りたいものを作り始めよう